ジャンルで探す

エリアで探す

掲載元で探す

メニューを閉じる

芋粥

今昔物語に登場し、芥川龍之介の短編小説の題名でもある「芋粥」は、実は敦賀ゆかりの品です。
登場人物である五位(位階の一つ)は、芋粥を飽きるほど食べたいと願い、
その望みを聞いた敦賀の豪族の藤原利仁が五位を招き、たらふくごちそうするというものです。
そんな歴史ある芋粥を、お店独自にアレンジし提供します。

おまかせランチ

おまかせランチ

Omakase Lunch

芋粥のセット

しおそうでは、刺身、小鉢1品、香の物、味噌汁、芋粥をセットにした“芋粥定食”をご用意しております。

港ダイニングしおそう

Minato Dining Shioso

南エリア(中郷・愛発)
もっと詳しく